どちらが美しい?

どちらが美しい?

わたし自身、エステにも通っていたし(今は新しいサロンを物色中です)、

ネイルサロンにも時々足を運びます(まつ毛パーマも時々してもらいます)。

ちなみにわたしの日本人の友達にはエステやネイルサロン通いしてる子がけっこう多くて、

そういう子たちはやっぱりコスメなんかにもすごくこだわっています。

「美白」や「アンチエイジング」は彼女たちにとってもはや『当たり前』のことで、

イマイチ気にし方が足りないわたしには「ちゃんとしなさいよ!」とかなり厳しいです(笑)。

ところが、その真逆にいるのがアメリカ人の友達。

もちろんアメリカ人の女性全員がそうではありませんが、少なくともわたしの周りの

アメリカ人女子は、「エステなんて行ったことない」「コスメなんて安くてもいいのよ」

なんて子ばかりです。

実際、何人かは日焼け止めクリームを塗るだけでファンデすらしてないし・・・。

日本人の友達は「紫外線は厳禁」とばかりに夏はあまり外には出ないし、出ても日傘は必須。

中には手袋してる子もいます。

逆にアメリカ人の友達は、無防備にお外で日光浴。

公園にレジャーシートを広げて、太陽をガンガン浴びながら寝そべっています。

ちなみに彼女たちからすると日傘をさしたり手袋したりしてる日本人女子はかなり奇異に

見えるらしく、「なんであんなに徹底してるの?」と驚いています(笑)。

いくらシミができようがそばかすができようが、彼女たちは太陽の下で日光浴を楽しみたいし、

「美容に良くないから」と我慢する発想は基本的にないようです。

だからなのか彼女たちは「ナチュラルビューティー」って感じで、

すごく健康的な美しさを持っています。

エステサロンなどプロの手を借りて『先行投資する』日本人と、

将来のことはとりあえず考えないで「若さを謳歌する」欧米人。

どちらが美しいのでしょう?

どちらも知ってるわたし的には、もちろんどちらも美しいのですが。とは言えわたしも日本人、

アメリカ人の彼女たちのように天真爛漫にお外で遊んだりは、やっぱりできません(笑)。

シミもそばかすも怖いですから・・・。

うなじ脱毛襟足脱毛指脱毛

たったの2日間でいいの?

最近、食べる量を極端に減らしてダイエットに励んでいるうちの旦那さん。

もともと身体の大きい人なので、それなりの量を食べないと体調を崩しちゃうんじゃないかと、

妻のわたしは心配です。

朝食はシリアル、昼食はサンドウィッチとスープ、夕食はわたしが作ったものを半分だけ。

摂取カロリーは、多分1500cal以下だと思います。

今まで食べてたスナックや甘いものもすべてやめて、ダイエットすること1ヶ月。

今のところ7.5kgの減量に成功した模様です。

そりゃ誰だって、極端に食べなきゃ痩せますよねぇ。

減量したことはうれしいけど、毎日の食事にはかなり我慢を強いられている旦那さんを見ると、

こっちまで切なくなってきます・・・。

でも、そんな彼に朗報!

なんと英国のリサーチで明らかになったそうですが、毎日食事に寄る減量法を続けるよりも、

週2日炭水化物を減らすことの方がダイエットに効果的なんだそうです。

あるグループが週に2日、お米やパン・パスタなどの炭水化物を取らず、残りの日は普段通りに

過ごすというダイエットを4ヶ月館続けた結果、平均4kg体重が減ったそうです。

ところが、同じ期間毎日摂取カロリーを1500calに抑えたグループは約2.3kgの減量に留まった

そうです。

さらにこの研究では、週2日の炭水化物ダイエットの日に650calという摂取制限をする

グループと、タンパク質(脂肪分の少ない赤身のお肉やオリーブ・ナッツ類など)を

豊富に摂ることを条件にカロリー制限をなしにしたグループでも実験を行いました。

すると両方のグループで体重の減少が見られたとのこと。

この結果からも、週2日炭水化物を取らないことによるダイエットの効果が大きいことが

分かります。

うちの旦那さんも、辛い食事制限は止めて週に2日の集中的なダイエット

(玄米や全粒粉のものに置き換えるのもいいですね)をした方が効率的ってことですね。

それから、ダイエットの日は豆腐やシーフードなどタンパク質をしっかり摂ることが大切です。

さっそく旦那さんに教えてあげようと思います。

食事制限から解放されるんだもの、きっと喜ぶだろうな(笑)。

乳輪脱毛