チョコレート好きにはうれしい!

チョコレート好きにはうれしい!

わたし、チョコレートが大好きです。

「ごはんは食べなくてもいいからその分チョコレートが食べたい!」ってくらい

チョコレートが大好物で、実際ひとり暮らししてた時は自炊するのが面倒な時

チョコレートを食べて済ませてました(あ、でも時々ですよ)。

ところでダイエットする時、「甘いものは食べちゃダメ」って自分に言い聞かせて

チョコレートを我慢したりしてましたが、実はチョコレートには「美」のために

欠かせない成分がたくさん入っているそうですね。

例えばエネルギー代謝やタンパク質の合成、体温・血液の調整など幅広い役割を担っている

マグネシウム、冷え性や貧血に効果があるとされる鉄、余分な水分を尿と一緒に排出し、

体内の水分をキレイにしてくれるカリウムなど。

また美肌には必須と言われる食物繊維も、チョコレートの中に含まれているそうなんです。

ちなみにカカオ70%のチョコレート100g中、24%の食物繊維が含まれているそうです。

この数値、1日に必要な量をカバーできるほどなんですよ。

さらにチョコレートには、高酸化物質の「カカオマスポリフェノール」が含まれています。

高酸化物質は、身体の仲の活性化酸素と戦ってくれる頼もしい成分。

そもそも活性化酸素は美容の大敵であるシミやくすみの原因となる物質です。

身体を酸化させるこの活性酸素、加工食品やお酒、煙草、ストレス、それに大気汚染など日常の

何気ないことで増えてしまいます。

そして増えてしまった活性酸素をやっつけてくれるのが、高酸化物質なのです。

またカカオマスポリフェノールは「ストレスを融和する」効果もあると言われているので、

疲れた時やイライラした時に摂るといいかもしれませんね。

チョコレートのパワー、改めて考えてみて「すごい」と実感。

とは言え、いくら栄養成分が豊富と言ってもカロリーが高いのも事実なんですよねぇ。

どんなに良くても、やっぱり食べ過ぎはNGですねー。

例えば疲れた時とか、おやつの時とか、今後は「チョコレートだけ」なんて極端な摂り方

はやめたいと思います(笑)。

いくらチョコレートが身体に良くても、ちゃんとごはんを食べなちゃ意味がないですもんね。

大阪の脱毛サロン特集

自己処理は危険

わたしは毛抜きで「抜く派」なのですが、友達はシェーバーで「剃る派」だそうです。

抜く方が剃るより長持ちするし何より仕上がりがキレイなのですが、

肌への負担を考えるとダメージが大きいんですよねぇ。

実は何度も同じ部分を自己処理し続けると、皮膚がどんどん固くなってザラザラとした感触になり、

まるで鳥肌が立ってるみたいになっちゃうそうです。

さらにワキの場合は、色素沈着の原因になることも。

ツルツルのキレイなワキにはあこがれるけど、ザラザラとした『キレイじゃないワキ』には

かなり幻滅ですよねー。

わたしの場合、自分のワキに自信がないのはやっぱり自己処理をしてるからだと思います(涙)。

脱毛サロンでプロにきちんとケアしてもらうべきなのは分かっているんですけど、

ついつい忙しさに負けてしまって・・・。

なかなか重い腰が上がりません(汗)。

ところで、脱毛を始めるのに最適な時期って冬らしいですね。

それはなぜかと言うと、脱毛は毛の生え変わる周期に合わせてキレイに脱毛できるようになるまで

時間がかかるからだそうです。

例えばレーザー脱毛の場合、毛の生え変わる周期に合わせて照射することで、

ツルツルの肌へと近づいていきます。

だからこそ肌の露出が多くなる夏に間に合わせるには、冬から始めておくべきなんだそうです。

そしてもうひとつ、脱毛を始めたばかりの頃は肌が少し弱くなったりして、

時には荒れてしまうこともあるとか。

そんな時夏の強い日差しや紫外線にさらされると、肌が火傷してしまうこともあるそうなんです。

そんなわけで、夏の脱毛はやっぱりNG。

長袖を着てるうちに始めないとダメですね。

善は急げ、今すぐサロンへ行かなくちゃ。

とは言え、どのサロンへ行くべき?

脱毛サロンといえば「銀座カラー」や「ミュゼプラチナム」、「エピレ」なんかが有名ですよね。

どのサロンもお得な体験コースがあるみたいなので、まずは試しに受けてみるといいかも

しれないですね(それぞれ得意なパーツとかもあるだろうし)。

体験者の口コミやレビューなんかもチェックして、参考にしてみよっと。

額脱毛