リフトアップを紙で!?

リフトアップを紙で!?

年齢とともにシワが増え、気になり始めたほうれい線・・・。

ほうれい線は肌の「たるみが原因」だからと、スキンケアの後地道にリフトアップのための

マッサージなんかをしてるのですが、イマイチ効果があるんだかないんだか。

アンチエイジングクリームを使うにしても、高価なものが多くてお金が続かないし、

かと言って続けなくちゃ意味がないし。

「なにかいい方法はないかな?」とネットでいろいろ検索したところ、ちょっと変わった

リフトアップの方法をみつけました。

それが『KUROKAMI』です。

実はこの『KUROKAMI』、あのカリスマメイクアップアーティスト・藤原美智子さんも

大絶賛したという、優れもののアイテムらしいんです。

実際にはどう使うのかと言うと、毎日たった2分黒い紙でお肌をこするだけ。

でも、なぜペーパーで顔をこするだけでリフトアップができるのでしょう?

そもそも人間の肌は、プラス電荷(ストレスはもちろん、TVやPCなどの家電製品、車の排気ガス

などにも含まれています)によって酸化しサビていきます。

肌内部に溜まったそのプラス電荷を吸着してくれるのが、マイナスの電圧を持つ『KUROKAMI』

なんです。

『KUROKAMI』は炭酸粉を塗り込んだ上質紙に、無酸素状態で焼成した独自の結晶

セラミックナノカーボンを何層も塗布したもの。

実は結晶ナノカーボンを塗布する際に不純物が除去され、数層積み上げられた結晶ナノカーボンの

間に超微穴な空間が生じます。

そしてこの空間に摩擦を与えることで、マイナス0.3vという超微弱電圧が発生するのです。

しかもこの電流がお肌を整えてくれるので、まるでエステに行った後のように

お肌がリフレッシュ。

「即効性」と「持続性」を兼ね備えているため、モデル業界ではかなり重宝されているそうです。

さらに1枚で約1週間持ち、ジェルなどの消耗品も必要ないのでとっても経済的

(ネット限定のモニター特価で税込み3200円でした)。

モニターすべての人が、一度使っただけで効果を実感しているのもすごいですよね。

わたしもさっそく試して、彼女たちに続きぜひその効果を実感したいと思います。

iライン脱毛お腹脱毛胸脱毛

痔のクリームがシワに??

先日ネットで最近気になって仕方がない「目元のシワ」について調べていたら、

すごい方法を発見しちゃいました。

しかもこの方法、ハリウッドセレブたちの間でブームになっていたと言うんです。

そう言えば以前も、お腹に寄生虫を飼う「寄生虫ダイエット」とか、毎日ベビーフードを

食べ続けるダイエットとか、「エネマ(コーヒー浣腸)」とか、ちょっと一般人には

ハードルの高い美容法が報道されて、ビックリした記憶があります。

「自分を磨くためなら、それがどんな荒治療だろうと喜んで受け入れるんだなぁ」なんて、

次々と突拍子もない美容法を考えつくハリウッドセレブたちに、ある意味尊敬の念さえも抱いた

わたしでしたが・・・。

そんな「美の最先端」を走り続けるハリウッドスターの間で流行したというのが、

「シワに痔のクリームを塗る」という、これまた突拍子もないアイディア。

ちなみにこの方法、日本のテレビ番組でも紹介されたそうですね。

オスカー女優や大物女優が「小顔になるための裏技」として、痔のクリームを塗っているという

事実が明らかにされました。

実は痔のクリームには腫れを抑えて組織を収縮させる働きがあるそうで、それを応用して

顔に塗るとシワを伸ばす効果があるのだとか。

ちなみに痔のクリームの成分をチェックしてみると、サメの肝臓オイルや酵母菌が含まれていて、

こうした成分は高級ブランド化粧品の肌にハリを与えるものと同じ成分なんだそうです。

確かにそれなりの効果は期待できるのかもしれませんが、それにしても痔のクリームを目の下の

たるみやシワに塗るなんて、普通じゃ考えられませんよね(笑)。

そもそも目の下は肌が薄くて弱い部分でもあるので、そんなところにクリームを塗るなんて

発想自体がありませんでした。

もしこれが本当に効くなら、ちょっと試してみたい気もするけど・・・。

でもやっぱり「痔のクリーム」ってゆうのに少々抵抗があります(苦笑)。

実際にやってみた人に感想を聞いてみたいけど、ハリウッドセレブじゃ話すこともできないし、

それに彼女たちがレビューを書くとも思えないし。

誰か試したことのある方はいらっしゃいませんか?

膝下脱毛